代筆屋とは

絶望の中、小説「代筆屋」と出会い
代筆屋として、人生が生まれ変わった。

19歳、ロサンゼルスへ留学中、ドラッグ中毒の女詐欺師に金を奪われ、身ぐるみはがされる。

人を信じられなくなったとき、助けてくれた仲間の言葉。
「元気だしぃ」「大丈夫や」「俺らがいるやん」

温かくて、優しかった。

僕も、誰かを助けたい。

帰国後、行政書士の資格を取るも仕事がない。

職なし、コネなし、金もない、

どうしていいのかわからず、地元の本屋さんをさまよった。

そのとき偶然出会った「代筆屋」という白い本。

読み終えて涙があふれた。

文章で人を感動させ、その人の人生まで変えることができる。

「やってみたい代筆屋、
きっと僕にも誰かの人生を変えられる」

絶望の中、小説「代筆屋」と出会い

代筆屋として人生が生まれ変わった。

現在、ラブレター、プロポーズ、結婚式、感謝の手紙、復縁の手紙、謝罪文、契約書から遺言書まで。全国から様々な文章考案の依頼を受ける。

代筆屋は、伝えたい想いを伝わる文章に変える大切な仕事。
依頼者の気持ちに寄り添い、想いを文章に変えるため、
言葉と文章と日々向き合っている。