NEWS

企業さんや事業をされてる方にお願いです。

企業の商品・サービスを売り出したり、

企業のキャッチコピーや

社長さんや従業員さんのプロフィールを考案したり、

セールスレターを添削や考案したり


単なる文章を心を動かす文章に変えたい

というご相談はたくさんあります。



ときどき、私を経営コンサルタントだと

間違って依頼される企業さんがおられます。

はい、私は経営コンサルタントではありません。


≫この記事の続きはブログをご覧ください。

2018.01.19

人の心を動かすということ。

たまには仕事の話を。

私が依頼者と直接会うことはほとんどない。

多くが電話、メールを通してのやり取りになる。

ここ最近は特にメールが多い。

私にとってというより、

依頼者にとって直接会うのは精神的負担が大きい。



まして復縁に悩んでいる人は

信頼していた人間を失ったばかりだ。

彼ら彼女らの心はナイフで切り裂かれたように傷ついている。

赤の他人に事の経緯や自らの感情を曝け出すというのは、

通常の精神状態でも難しい。

だから、それがいかに難しいかは、よく、わかる。



メールのみによる相談や依頼の場合、

私は依頼者からのメールに書かれた文章だけが頼りになる。


≫この記事の続きはコチラをクリックしてください。

2018.01.18

心を動かされたお客様の声を更新しました。

心を動かされたお客様の声を読んでみたい方は
下記URLをクリックしてください。
↓↓↓
http://www.daihituya.com/voice/

2017.12.14

復縁の手紙が成功する心を動かす魔法の3ステップ

「復縁の手紙を書きたいけど

どう書いていいのかわからない」
方は、

復縁の手紙を成功させる心を動かす魔法の3ステップ

を参考にしてください。



これ本当は有料の情報なんですけど、

今回無料で大放出しようと思ったきっかけは、

「先生に考案を依頼したいけれど、どうしてもお金を捻出することができない」

(ちなみに、私の報酬のお支払いは原則として一括です。ご相談内容によっては銀行振り込みによる分割は可能です。クレジットカード決済は一括ですが、クレジットカード会社に連絡することで分割の引き落としが可能です)

という方が何名かおられたからです。

そういった方のために、

できる限りの情報は無料で提供しようということにしました。




男性から女性への復縁の手紙、

女性から男性への復縁の手紙、

女性が受け取って心が動かされる文章と、

男性が受け取って心が動かされる文章は違います。



しかし、復縁するために必要な

男女に共通する3ステップがあります。

↓ ↓ ↓

復縁を成功させる3ステップとは?

2017.12.09

男性と女性で怒りの沸点が違う。

ついさっき復縁の手紙を考案していて、気付いたこと。



男性は、なにか気に食わないことがあると比較的すぐに怒る

女性は、なにか気に食わないことがあっても比較的溜める。

(もちろん男女問わず個人差はある。傾向としての話。)

男性の言葉、仕草、態度、親への配慮、思いやりのなさ、プレゼントの有無?

何にせよ女性の怒りの貯蔵庫はことあるごとにどんどん溜まっていく。



ある一定値を超えたとき、

核爆発のように想像を絶する大きな爆発が起こる。



想像してみるといい。

家に帰ってくると、やたら部屋がガランとしてる。

そう、男性にとっては身も凍るドラマのようなアレた。


≫男と女の怒りの沸点とは?記事の続きをクリック。

2017.12.08

復縁したい人へ、奇跡を起こす方法はひとつ。

「復縁したい」

代筆屋中島泰成への最も多い相談の一つです。


インターネットで

復縁

復縁する方法

復縁の仕方

検索すると、

たくさんの復縁の方法や復縁に対するサービスが

目に入ってくることかと思います。



その情報は正しいのか?

何を基準に選べばいいのか?

おそらくは迷われる方が多いでしょう。



答えは、ないんです。

復縁するための絶対に正しい方法など

存在しません。



なぜなら、


≫この記事の続きはコチラをクリック。

2017.12.07

プロの代筆屋としてこれまで書いてきた手紙

私は代筆屋として、

これまでたくさんの手紙を考案してきました。

特に印象に残っているのは、



付き合ってほしいという告白の手紙

結婚してほしいというプロポーズの手紙

別れた元夫へ復縁の手紙

別れた元妻へ復縁の手紙

相続でもめた兄弟姉妹への仲直りの手紙

迷惑をかけた顧客への謝罪の手紙

もう別れて欲しいという離婚の手紙

花嫁から亡くなった母親への手紙

亡くなった先生から生徒への手紙



本当に世の中には、信じられないような出来事が沢山あり、

事実は小説より奇なりとはよう言うたものです。

↓ ↓ ↓

「手紙が持つ本当の力とは?」この記事の続きはこちらをクリック

 

2017.12.04

人生を豊かに生きるためにライフコーチを雇う。

私は代筆屋としてコーチングを行っています。

その前身というか、きっかけになったのは

ある女性へのライフ・コーチでした。



京都市内にあるスターバックスのオープンテラスで

東京からやって来たというその女性はこう切り出しました。


「なにかはっきりとした目標や夢がなくて、どうすればいいんでしょうか?」



最初、この女性は私に一体何を求めているのか、

皆目見当もつきませんでした。

↓↓
この女性が求めていたのは?

2017.11.23

【朗報】話すのが苦手だけど起業したい方へ

「お客さんと一切話さずにできる仕事はないだろうか?」

話すのが苦手な人、

文章を書いて顧客を獲得し、

文章を書いて顧客とやり取りし、

文章を書いて商品・サービスを作り、

文章を書いて商品・サービスを納品する。



そんな仕事があるんです。

どんな仕事?興味がある方はこちら


応募条件はこちら
↓↓
 1.インターネット環境がある。
 2.パソコンで文字を打てる。
 3.会話ができて読み書きができる。
 4.プライドを捨てることができる。
 5.今までのやり方を捨てることができる
 6.人から学ぶ素直さや謙虚さがある。
 7.忍耐力と継続力がある。
 8.人生を変える強い意志がある。
 9.何があっても夢と希望を忘れない。
 10.最後まで私を信じて疑わない。

条件をクリアできそうな方はここをクリック。

2017.11.22

売上をアップさせるストーリーコピーライター

代筆屋は企業さんの文章コンサルも手掛けています。

企業の文章コンサル?

ってなんぞや、ですよね。


具体的には、

キャッチコピーの考案、セールスレターの考案・添削・指導。

会社のイメージを上げるストーリー作り、共感を呼ぶプロフィール文の考案など、

商品・サービスを買う人の心理までレクチャーする
ときもあります。



これまで、不動産業、リフォーム業、投資業、出版業、視力回復、など、

様々な業種の売上を上げるコピー(文章)を書いてきました。

↓↓

事業の売上を上げるコピーの真髄とは

2017.11.14

1 / 912345...最後 »