代筆屋中島泰成のプロフィール

 

 中島です。過去に行政書士として、離婚、相続、遺言書、内容証明、会社設立、許可申請、融資などのコンサルやアドバイス。代筆屋として、復縁、謝罪、感謝、告白、懇願、別れの手紙、キャッチコピー、セールスコピー、WEBコピー、経営理念、創業ストーリー、プロフィール考案や文章コンサルなど、1000件以上。人の悩みの大半を手紙や文章を考案し解決する仕事を10年ぐらいやってます。静かな京都府南部の某田舎在住。2児の父。幼い頃からの出版の夢を果たしました。ありがとうございます。

 

プロフィール

中島泰成 Yasunari Nakajima
1980年1月2日生 やぎ座 O型
代筆屋/作家/行政書士 心を動かす魔法の文章コンサルタント
blogメルマガ

 

信念:直感がベスト
スキル:手紙の考案、コピーライティング、コーチング、コンサル、ややこしい契約書、手続き等一切合切。依頼者の心の声を聞き取り、読む人の心を動かす魔法の文章を考案する。
趣味特技:読む人の心を動かす魔法の文章を考案すること、読書、ビリヤード。
好きな映画:レオン、フィクサー、ゲーム、ウルフオブストリート。
アニメ:ワンピース、修羅の門、はじめの一歩。
ドラマ:東京ラブストーリー、未成年、踊る大捜査線、王様のレストラン。
スポーツ:ビリヤード歴10年以上(スポーツに入りますかね?)
ヒーロー:中田英寿さん、桜井和寿さん、村上龍さん。
神:無宗教(神に祈るよりやってきた自分を信じる。って考えです)
ペット:ペットはいませんが、4歳の息子と1歳の娘が恐竜並みです。

 

略歴

 2008年に行政書士を始めてから、1000件以上の人生相談を受け、人の本音の聞き出し方や悩みの解決方法を学んだ。ほぼ同時に代筆屋を開業し、人の心を動かす魔法の文章術を研究。数億円の融資、50代男性から20代前半の女性への告白、1年半別居の夫婦の復縁、会社倒産の危機を救う謝罪、企業の売上アップ、など数々の成功実績がある。新聞、雑誌、テレビ出演、マスコミ掲載歴多数。著書に「プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術」。

 得意なのは、依頼者自身も知らない本音を聞きだし、複雑に絡まった感情を解きほぐし、心を動かす魔法のような文章を考案し依頼者の悩みを解決すること。個人、企業の文章コンサルタントとして活躍している。

■著書

プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎) プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)
1,080円
Amazon


実績としては、お客様の声を聞いてもらうのが一番かと思います。

 

中島の考え

どういう思考でこの仕事を行っているのか書いておきます。

■誰かれ構わず依頼を受けるわけではありません。お互いのために依頼者を選びます。
■丸投げは止めて。依頼者と二人三脚でなきゃいいものは作れません。
■キャンセルも止めて。考案後のキャンセルにはプロとして怒り狂います。
■上手くいくと信じてください。でなきゃ上手くいく文章は書けません。
■相手の心を動かすには、まずはあなたの心を動かしてください。
■顧客の心を動かすには、まず商品・サービスを愛してください。
■アイミツ(相見積)した結果を提示するなら他所を当たってください。
■僕を最後まで信じられないなら他所へ行ってください。
■人を幸せにするために書いているということをご理解ください。

 他の物書き(代筆屋っぽい人)を僕はよく知りません。でもホームページの内容や価格を見ている限りでは、おそらく文章のテンプレートがあってそれを使い回しをしていると見受けられます。僕にはテンプレートもないし、作品に同じものは一つとしてありません。すべて世界に一つだけのオーダーメイド作品になります。

 ですので、当然価格も高い。おそらく日本一高い文章考案料かもしれません。でも、日本で唯一の心を動かす魔法の代筆屋ですから、僕にしか書けない心を動かす魔法の文章があり、相応の結果を得られる自信があります。 

 人生を懸けて何かを依頼するときにとっても大切なことをお伝えします。値切っていい場面と値切るべきでない場面があるということです。ティッシュペーパーは価格の安い物を買うべきです。でも人生を変える文章の考案を値切ってはいけません。なぜか?安い場所には安い理由があるからです。ティッシュなら「ちょっとごわごわしてるね」で済みますが、文章の考案は「ちょっとうまくいかなかったね」では済みませんよね。お金をケチったばかりに一生後悔することになったりします。

 事実、他所の安い物書き屋さんに文章考案を依頼して、内容と結果にがっかりしてウチに来られたケースは結構あります。(でも、文章は一度書くと一生残りますから、あとで挽回するのはとても難しいです)

 

中島の仕事スタイル

 僕の本業は文章の考案です。文章を考案するという仕事は、お客様である依頼者と二人三脚で一つの作品を作り上げることです。自分の好きな文章を書くだけではいけないし、依頼者の求める文章を考案しつつ、依頼者が読ませたい相手の心を動かす文章を考案しなくてはいけません。

 ですので、考案には気が狂いそうになるほど極限の集中力が必要です。よほどの緊急案件でない限り、最初の打ち合わせ以外の電話は極力ご遠慮ください。

 基本的に、自宅のオフィスか、どこかのカフェにいます。打ち合わせはメールか電話です。どうしても会って話がしたいという方は、その旨お伝えください。必要だと感じたら伺います。

 

愛と金を稼いで自由を勝ち取る。

 僕のモットーは、『愛と金を稼いで自由を勝ち取る』です。愛だけでは生きていけないし、金だけだと自分と家族を滅ぼします。このビジネススタイルというか、モットーになったのは、奥さんと結婚し、子供二人が生まれたからです。

 ずっと一緒にいれても収入のない父親はやはり問題だと思うし、働きっぱなしで家族の声も聞こえないような父親はもっと問題だと思います。その結果、愛と金を稼いで自由を勝ち取るをモットーに今のライフスタイルを手に入れることができました。

 僕は家族のために働いているわけではありません。家族を言い訳にしたくないからです。働くのはあくまで自分自身の為です。好きな仕事で誰かを幸せにすることで稼いでいます。夫として父親として、自由かつ幸せな背中を見せることで家族も幸せになれるという考え方です。

 

はじまりは、お小遣いがなくて悔しい想いをしたこと。

 子供のころ、駄菓子屋でお菓子を買えずに悔しい想いをしたことがきっかけで、自分で絵を描いて友だちに売るという商売を始めました。

 自分でお金を生み出すことを知ったのはわずか8歳か9歳のときだったと記憶しています。あの頃の悔しさがある意味僕の原点です。

 自営業を始めた当時の原点がお金だけでしたから、お金に狂った時期もありました。しかし、結婚し、子供が生まれ、たくさんの人と出会い、迷い悩み、いろいろと経験を重ねてたどり着いたのは、お金の前に愛ありきでした。

 お客様からもらって一番うれしい言葉は、「ありがとう、中島さんに依頼して良かった。」なんですね。この言葉は、お客様への言葉の愛のおかげで僕へ返ってきた愛です。家族へもたらした愛と同じように大切な愛だと思います。だから僕は、『愛と金を稼いで自由を勝ち取る』をモットーにしています。一番自分らしくて一番気持ちいいからです。

 

BLOGとメルマガで最新の情報と中島の思考を。

最新の情報や中島の思考を知るのに手っ取り早いのは
BLOGメールマガジンだと思います。
たぶん、どちらも10年ぐらい書いてます。

ともに数千人の読者さんがいたんですが、
「なんか自分らしくない言葉が増えてきたな」と感じ、つい最近思い切ってリニューアルしました。
いまは人の目や批判を恐れず、自分らしい考えを自分の言葉で書いています。

読者数はまだ1000人にも達していませんので、
ある意味初期のいまがチャンスです。(この規模ならメッセージに即座に返信しやすいからです)
どちらも仕事のことや中島自身のことを赤裸々に書いてますのでぜひ読んでみてください。

 

 

以下、中島についてもっと知りたい人だけ読んでください。(※カッコつけと自慢も入ってるので要注意(笑))

生きていれば、苦しいことや悲しいことがありますよね。

なんで私が、なんで俺が、こんな目に?

理不尽な出来事に傷つき、

心が折れそうになったりもするでしょう。

 

苦しみや悲しみは、ある感情を思い出すためにあるのだと思う。

いつもは忘れていた、生きる上で最も大切なこと。

 

誰かと関われば、誰かに傷つけられることもあります。

だけど誰かに関わらなければ、

好きという感情を知ることもできません。

 

だから、想いをどうしても届けたくなる。

だけど、想いをどう形にすれば、

あの人の心を動かせることができるかわからない。

 

真っ白な紙に書かれた自分の文章に溜息をつき、

感情が爆発して、くしゃくしゃに丸めて放り投げてみたり・・・。

 

どうしても伝えなきゃいけない想いがある。

なんとしても心を動かしたい誰かがいる。

 

そんなとき、心を動かす魔法の代筆屋を思い出してください。

一人じゃないことを想いだしてください。

 

僕ならきっと、心を動かす魔法の言葉に変えて、

あなたの想いを届けてみせます。

 

「代筆屋との出会い」

 27歳のころ、運よく行政書士試験に合格し開業するも仕事がなかった。
どんどん減っていく預金通帳の残高を見てため息をつく毎日。惨めだった。
時間を持て余した私は地元の本屋を訪れる。
本棚の片隅に置かれた白い表紙に代筆屋と書かれた本をなんとなく手に取った。
ページを捲る手は震え、捲るごとに涙が溢れてきた。

「文章に救われた

 小説を読み終え、すぐに頭をよぎったのは、
子供のころから大好きだった本のこと。
高校生の頃、詩を書いて日々をやり過ごしていたこと。
次の瞬間、「そうだ、代筆屋になろう!」心が反射的にそう叫んだ。
勢いのまま代筆屋というホームページを開設して数ヵ月が経ったころ

「代筆屋さん、ですか?

すべてのはじまりは、女性からの一本の電話だった。

 その日から代筆屋に恥じない書き手になろうと誓った。
あらゆる本を読み漁り、手紙だけでなく、詩や小説まで書きまくった。
眠る寸前まで読み続け、両手首が腱鞘炎になるほど書き続けた。
数年が経ったころ、
依頼者からこんなメールをもらうようになった。

「あの言葉を読んで前を向くことができました。
中島さんに依頼してよかった。
ありがとう。」

 書くとは、読む人のためであり、読む人のために書くことが、
私自身の悦びなのだと気付かされた。

人の願いや夢を叶えるために書いている」

 現在、復縁、謝罪、告白、感謝の手紙、キャッチコピー、セールスレター、プロフィール、ストーリーなど心を動かす魔法の文章を考案する。相談者の数は数千件を超え、また、2015年に開始した代筆屋を育成するための代筆屋養成講座を開始。2018年から生きる上での悩みを解決したり、夢を叶えたり、ライフスタイルの方向性についてアドバイスする『書くことで夢を叶える魔法のライフコーチング』を始めた。

人生初の書籍『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』Amazon ランキング1位!
紙の書籍『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術-増補改訂版-』日本語教育ランキング1位!ビジネス文書ランキング3位!を獲得した。


<マスコミ掲載出演実績>

2012年 京都新聞掲載、関西ビジネスサテライト掲載 
2013年 関西テレビ「よ~いドン!人間国宝さん」出演、朝日新聞掲載
2014年 読売テレビ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」出演
2014年 代筆屋映画「her」タイアップによる産経ニュースwest、毎日新聞掲載
2015年 kindleベストセラー!『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』
      マイナビウーマン連載開始『恋を叶えるLINE&メール術』
2016年
AERA「伝える達人たちの書く技術」
東洋経済オンライン ベストセラー生む名文家たちの「書く技術」
日経ビジネスアソシエ “無難な文章” から卒業!「心を動かす文章」テクニック
プレジデントウーマン 手紙&メール「一目置かれる」文章の書き方
LEE 入門グッとくる「年賀状のひと言」塾

2017年
代筆屋の手紙 プロの代筆屋による完全書下ろし小説出版



AERA 1/18発売 特集「伝える達人たちの書く技術」


日経ビジネスアソシエ 2/10発売 “無難な文章” から卒業!「心を動かす文章」テクニック


プレジデントウーマン 7/7発売 手紙&メール「一目置かれる」文章の書き方


LEE 12/7発売 入門グッとくる「年賀状のひと言」塾


51Ut96QCfKL._SX343_BO1,204,203,200_
kindleベストセラーの電子書籍を大幅に加筆修正した
『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』好評発売中!

 


『代筆屋の手紙』プロの代筆屋による完全書下ろし小説出版





≫運営元の確認については特定商取引法による表示をご覧ください。

≫その他気になる質問等はこちらからお願いいたします。