NEWS

代筆屋養成講座はじまります。第1期生先行予約受付開始。

未来の代筆屋へ

 

「もし、文章を書くことを仕事にできたら・・・」

「もし、文章を書くことで家族を養えたら・・・」

「もし、文章を書くことで自由になれたら・・・」

 

これは、10年以上前、どん底にいた私の言葉です。

 

ポケットの財布には1000円札が一枚、預金通帳には800円ちょっとしかなかったのです。

仕事もない、金もない、人脈もない、

30歳手前の私はどうしようもない状態でした。

 

時間を持て余した私はある本屋にたどり着き一冊の本に目が留まりました。

白い背景に『代筆屋』と黒い文字で書かれた一冊の小説。

著者の名は辻仁成。

小説をあまり読まなかった私は、恥ずかしながら辻仁成という小説家をこの時に初めて知りました。

 

本屋さんへの罪悪感を覚えながら立ったまま本を読み進めました。

頬から顎を伝う熱い何かを拭い、自分が泣いていたことに気づきました。

文章を読んで泣く、生まれて初めての経験でした。

 

「もし、文章を書くことを仕事にできたら・・・」

「もし、文章を書くことで家族を養えたら・・・」

「もし、文章を書くことで自由になれたら・・・」

 

冷めきって乾いていた心に小さな情熱の炎が宿ったようでした。

その証拠に所持金の1000円で1000円の本を買っていたのです。

財布は空っぽになったのに、さっきよりも満たされていく自分を感じていました。

 

代筆屋のホームページを立ち上げ、小説代筆屋の主人公と同じように私は「代筆屋」と名乗りました。

書くことは好きで詩を書いたりしたことはありましたが、誰かのために書いたことなんてありません。

もちろん文章を考案するプロとしての実績などなく、それでも文章を考案するプロとして仕事をはじめました。

今思えば、若かったなと、ずいぶんと無謀な挑戦をしたんだなと、苦笑いしてしまいます。

 

同時に私は若く無謀な挑戦をしたあの日の自分を誇りに思っています。

思い切って挑戦し、挑み続けた先に、

自由な人生というずっと望んでいた理想の世界が待っていたんですから。

 

いま私は、奥さんとともに幼い子供を二人育てています。

代筆屋として家族4人を養えるようになりました。

普段は、ノートパソコンを片手にお気に入りのカフェで仕事をしています。

ときどき海外へ旅行したり、ときに半年ほど移住したりもしますが、

現地でもノートパソコンとインターネット環境さえあれば自由に仕事ができます。

 

コロナという世界を覆うウイルスが発生した今も、ほとんど何の影響もなく仕事を続けることができています。

 

通勤する必要はなく、ストレスも少なく、コロナのような不測の事態にも強く、

好きな文章を書くことで報酬を得られる代筆屋のような仕事はそれほど多くはありません。

 

私は代筆屋という仕事を通じて依頼者の悩みに触れ悩みを解決し感謝されるようになって、

文章を考案する仕事を好きになりやがて愛するようになりました。

そして、私以外の人にも代筆屋という職業を勧めたい想いが強くなりました。

 

おそらくこの文章を読んでる人の多くは

「そんなことできるわけがない」

「あなたは特別でしょ」

「運が良かっただけ」

そんな風に考えて一歩を踏み出せないのではないでしょうか。

 

一歩を踏み出せない原因は私ではなくあなたです。

その正体は恐怖です。

 

私だって怖かった。

代筆屋を始めようと思ったとき恐怖が頭をよぎりました。

だから勇気を振り絞って行動し、恐怖を置き去りにするぐらい書き続けました。

 

私は特別な人間でもなんでもなく、どこにでもいる元高卒フリーターです。

高校を卒業してからは、日雇いの仕事や派遣労働をしてその日暮らしの毎日でした。

世間から見れば落ちこぼれと呼ばれる人間の部類なのかもしれません。

 

私に言えることは、学歴も職歴も過去は関係ないということです。

今は文章を書けなくても、実績がなくても、不自由な人生でも、

思うように稼げなくても、無職でも、どうであれ関係ありません。

 

このままではいけない、このままでは終われないという熱い想いがあって、

人生を変える覚悟と新しい何かに挑戦しようというほんの少しの勇気があれば、

私のように人生は変えられるということです。

覚悟と挑戦を続けられるなら、人生はより豊かにより幸せにより自由に変わり続けます。

 

大丈夫、きっとあなたは大丈夫。

私には教えてくれる人が誰一人いませんでしたが、あなたには私がいます。

 

現役プロの代筆屋が心を動かす文章を考案するプロの代筆屋になるための基礎を叩き込みます。

 

この講座を受講することで心を動かす文章術はもちろん、

代筆屋を副業にしたり、代筆屋として独立するために必要な集客や実務に関する具体的なノウハウを現役プロの代筆屋から学ぶことができます。

 

講座終了後には代筆屋認定試験を用意しています。(試験の参加は受講生の任意です。)

試験に挑戦して見事合格された方には、現役プロの代筆屋中島泰成による心を動かす代筆屋認定をいたします。

つまり試験合格者は、代筆屋として活動する際に代筆屋中島泰成のもとで受講し代筆屋認定を受けた旨を明記できます。

 

「もし、文章を書くことを仕事にできたら・・・」

「もし、文章を書くことで家族を養えたら・・・」

「もし、文章を書くことで自由になれたら・・・」

 

もし、で終わらせるのか「次は私の番だ」と自分を信じ行動に移せるのか、

自分を信じられた人だけが代筆屋になる夢を叶えられるでしょう。

あなたはあの頃の私よりはずっと恵まれているし、

あなたは私よりずっと優秀なはずです。

特別な能力は何もなくごく普通の平凡な私にできたこと、

あなたにできないはずがありません。

 

覚悟を持って勇気を振り絞り偉大な一歩を踏み出したあなたを

私は全力で応援することをこの手紙に誓います。

 

代筆屋 中島泰成

 

⇒代筆屋養成講座に関するお問い合わせ

2021.05.01