NEWS

「書くことで生まれるのは?」blog更新しました。

「手紙を書くなんて面倒だなぁ・・・」 という方は多いのかもしれません。 文章というのは、慣れない人にとっては確かに面倒なものです。 まず、何を書いていいのかわからない。 そこで悩まれるのだと思います。

≫blog記事の続きはコチラから。
2016.03.29

「復縁したいです」blog更新しました。

「復縁したいです」 別れた彼氏や彼女や別れた旦那さんや奥さんに対して、 よりを戻したいという依頼は、とても多い。 復縁するために必要なのは、 つまるところ、 「相手のことをどれだけ知ろうとできるかどうか」 による。

≫ブログ記事の続きはコチラ
2016.03.28

『プロの代筆屋によるライフコーチング4期生募集』blog更新

ライフコーチングの4期生を募集しています。
≫記事の続きはコチラから。
2016.03.06

「復縁の手紙の相談で多い、不倫や浮気について」blog更新

復縁の手紙を書かせてもらっている仕事柄、 文章を考案するにあたって、何があったのか、諸事情を詳しく聞くことになります。 大きな原因の一つは、不倫や浮気。 別れた原因が、不倫や浮気のケースは、 悲しいかな、なんと多いことでしょう。 ≫この記事の続きを読みたい方はコチラから
2016.03.04

「ラブレターや告白、謝罪、復縁、手紙の代筆屋」blog更新しました。

手紙の代筆という一風変わった仕事をしていると、
人は悩みと共に生きる運命にある。
そんなことを否応にも感じさせられます。

ある人は、一生を遂げる人生のパートナーにプロポーズの手紙を書いてほしい。
ある人は、一生を遂げると思っていた人との別れの手紙を書いてほしい。
逆に別れたくないから謝罪の手紙を。
すでに別れた人への復縁の手紙を。

告白やプロポーズ、謝罪、復縁、
この3つが代筆屋への相談としては、最も多い案件です。

≫この記事の続きを読みたい人コチラから
2016.02.13

「狙っている企業に就職するために必要な言葉や文章」blog更新しました。

代筆屋は、就職の相談も受けます。

志望動機の書き方や、就職面接の際に話すべき言葉。



インターネットを調べると、

「何をしてきたか」

「これまでの学歴や経歴」

が重要です。

なんて、書かれていたりします。



私が思うに、

たぶんどうでもいいことです。

 

≫続きを読みたい人はコチラ

2016.01.28

遺産相続はすべて家政婦に譲る遺言書は有効!?親への手紙を・・blog更新

つい先日ですか、

遺産相続問題に関して、

「家政婦女性へ全遺産を相続させると書いた遺言書は有効」との判決がでました。



これだけ読むと、「なんだよ、それはあんまりだよ!」

なんて意見のほうが多いのかもしれません。

僕も実際そう思っちゃいましたから。

 

≫この記事の続きはコチラ

 

2016.01.25

東洋経済オンライン ベストセラー生む名文家たちの「書く技術」に掲載 blog更新しました。

代筆屋という一物書きとして、

これほど大きく掲載していただけるのは、本当にありがたいことです。

書籍『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』の書名まで、

書いていただきありがとうございます。

≫東洋経済オンラインの記事はコチラです。

2016.01.22

AERA 「伝える」達人たちの書く技術 掲載 blog更新しました。

AERA 1月18日発売

「伝える」達人たちの書く技術


ベストセラー連発ライター、
ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さん、
手紙のプロ代筆屋ほか

錚々たる面々

≫この記事の続きはコチラ

2016.01.19

「人生の一大事に手紙が効果的な理由」blog更新しました。

結論から言うと、

「手紙は普段もらわないから」

です。

希少価値、特別性、

手紙は、その存在だけで心を動かす要素を持っています。

≫この記事の続きはコチラ

2016.01.16