代筆屋募集。心を動かす魔法のライティングスキルを身に付ける。

もし、文章を書いて月50万円収入が増えるとしたら・・・。
ここから先は、自由に生きる意志のない人は読まないでください。
でも、「自由に生きる」という言葉に少しでも興味があるなら、
一言一句もらさず最後まで読んでください。
今、あなたが抱えている問題を解決するために必要な情報が書かれています。
私はプロの代筆屋として、書くことだけで平均的なサラリーマン以上の収入を得ています。
魔法のライティングスキルを使って、何千万という報酬を手にしたこともあります。
書くことに興味のある方で、5つの条件に当てはまるなら、同じことが可能です。
 1.インターネット環境がある。
 2.パソコンで文字を打てる。
 3.会話ができる。
 4.人から学ぶ素直さがある。
 5.忍耐力と継続力がある。

「あなたは好きなことで稼ぎたいですか?」
ポイントは、ここです。→「好きなことで稼ぐ」
今の仕事を続けながら、あるいは子育てしている主婦の方も、
環境に合わせながら、相応の収入を手にすることもできます。

・食える代筆屋になりたい人
・稼げるセールスライターになりたい人
・売れる本を書く作家になりたい人
・心を動かす営業の手紙を書きたい人
・人間関係が上手くいく書く技術を身に付けたい人
・副業、副収入が欲しい人
・夢を叶えたい人
・人生を豊かにしたい人

・今の自分を変えたい人
・「生きる力」を手に入れたい人
・定年退職したけどまだまだ働きたい

「文章を書く才能がない?」
「いえいえ、文章を書く才能は不要です。会話ができれば文章は書けます」
何の才能もない私にできたこと。あなたにできないはずがありません」


仕事や家事や育児に大切な時間が流されていく毎日。
このままではいけない、と悩んでいる方はたくさんいると思います。
わたし自身もそうでしたから。
先ほど、私はプロの代筆屋と言いましたね。
少し自己紹介させてください。
私は、プロの代筆屋中島泰成と申します。
ラブレター、謝罪、復縁、感謝の手紙、セールスレター、キャッチコピー、販促物、webの文章を考案するのが仕事です。
代筆屋としての実績が認められ、
大手新聞、一流雑誌、全国ネットのテレビにも出演もしました。
著書である『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』はkindleベストセラーになりました。

でも、私はつい数年前まで、
仕事はなく、夢や希望もなく、やりたいことも見つからない。
高卒で、正社員としての就職経験もない、特別な才能もない、どこにでもいる平凡な普通の人でした。
これからどうしたらいいのか・・・。真っ暗闇の、絶望の中で嘆く毎日。
そんな人間だったのです。

ある日、本屋さんで「代筆屋」という一冊の小説に出会いました。
その瞬間から人生の歯車は大きく動き出したのです。
「書いて生きていきたい!」と強く強く願いました。
小説、文章術、コピーライティング、実務書、経営学、雑誌、
ありとあらゆる文章を何度も何度も読みました。
プロの文章に触れ、文章が上手くなりたいと強烈に思い込むことで、
文章を書く技術を突き詰めて、相手の心を動かすために必要な
ライティングスキルを深く学ぶことができたのです。
代筆屋になり、仕事と自由な時間を手に入れ、
夢や希望まで見つかりました。

私は、代筆屋に出会い、そうなりたいと一歩踏み出したことで、人生が豊かに生まれ変わったのです。

つい数か月前まで、奥さん、2歳の子供と一緒に
眩しい太陽の光り輝く真っ青な海の見える南の島で半年間生活していました。
仕事はもちろん文章を書くこと。
自宅、カフェ、公園、ホテルのロビー、
インターネット環境さえあればどこでも自由にできる仕事です。
鳥の鳴き声と共に起き、ブコの葉が風に揺れる音を聞き、
美しい空と海を眺める。
いつ起きるのも、いつ寝るのも自由です。
奥さんと子供と一緒に公園へ行く。
平日なので空いてるお店でランチやカフェを楽しむ。
とにかく自由に生きることができます。

頭ごなしに怒る上司、口だけ達者な部下はいない。
鬱陶しい取引先、クレームばかりの顧客もいません。
「あなたに頼みたいんです」と依頼され
「あなたに頼んでよかった」と感謝され、
多額の報酬までもらえる仕事
です。

信じられないかもしれませんが、
冒頭でも書いたように、
ライティングスキルを身に付け、代筆屋になったことで、

新聞、テレビ出演、雑誌への掲載、映画のタイアップ、
さらには書籍を出版することもできました。
マスコミや雑誌の取材依頼は後を絶ちません。

何度も言いますが、
私は元高卒フリーターで、才能もない取り柄もない、
いたってフツーの人間です。

一つだけ違ったのは、
変わろうと思ったときに、勇気を持ち行動した
、これだけです。

その結果、好きなことを仕事にして、自由な場所で働き、
家族と一緒に過ごす時間が増えました。
日本を離れ南の島で生活することもできました。

好きな仕事で自分の好きなように生活できるとしたら、
悪くはない、ですよね。

プロの代筆屋によるコーチングを受けることで、
心を動かす魔法のライティングスキルを学べます。
これは、相手を思い通りに動かせる文章術を手に入れるということです。

※このスキルは絶対に悪用しないでください。

私がこのコーチングを通して書く仕事をお勧めする理由は、

あなたに自由な生き方をして欲しいからです。
自由な生き方というのは、どう生きたいかを選択する時間とお金を持っているということです。

このコーチングは代筆屋になることを強制するものではありません。
たとえ代筆屋にならなくても、
ライティングスキルを身に付けることで、
コピーライター、セールスライター、作家への道が開けます。
あなたの眠っていた潜在能力を解放させることができるでしょう。

これまでの人生が思い通りにいかなかったとしたら、
あなたに足りなかったのは、たった一つ。
行動という名の勇気です。


※代筆屋の私にとって特別なスキルを提供し、大変な労力を要するコーチングです。
つまり定員は若干名。もう、二度と募集しないかもしれません。
もし、迷っている方は、なるべくお早めにお問合せだけでもしてみてください。

 
心を動かす魔法のライティングスキルを手に入れる。
マンツーマン・メールコーチング

 1ヵ月コース 心のコーチング
 2ヵ月コース 心と技のダブルコーチング
 3ヵ月コース 心技体トータルコーチング

 ・常時課題 毎日
 ・メイン課題 週1回

<コーチングの流れ>
こちらからメールにより課題を出します。

受講生からメールによる課題の提出。

こちらから添削した文章をメールで返信いたします。

書くためのコーチングですから、メールでのやり取りになります。
対面で話したり、電話で話すのが苦手な方も取り組みやすいコーチングです。


このライティングスキルを手に入れることで、
あなたが手にするのは、自由に使えるお金と自由な時間です。
「毎月10万や20万ぐらい?」
「とんでもない。その何十倍です」
自由な時間と収入を生み出す無限の資産を手に入れるのです。
私が人生を賭けて会得した魔法のライティングスキルを提供します。
間違いなく100万円以上の価値はあるでしょう。
 本音を言えば、それ以上の価格で提供したかった。
しかし、一人でも多くの方にチャンスを掴んでもらいたくて
あり得ない低価格でマンツーマンのコーチングを始めました。

「お金に不安のない自由で豊かな人生」を体感してください。

マンツーマン・メールコーチング 
1ヵ月コース180,000円
2ヵ月コース360,000円→340,000円(20,000円OFF)
3ヵ月コース540,000円→498,000円(42,000円OFF)
※銀行振り込み又はペイパル決済(ペイパルを経由した安全なクレジットカード決済)。ペイパル決済の場合は分割払いできません。

コース選択


心を動かす魔法のライティングスキルは、
あなたの夢を叶える資産です。

書く才能は必要ありません。
会話さえできれば文章は書けます。
何の才能もない私にできたんですから、
あなたにできないはずはない。

≫代筆屋によるライフコーチングのお問合せはコチラまで


受講生の声

(Tさん/女性)

 課題は自分と向き合い、深いところまで探っていくものも多く、正直考えすぎて嫌になることもありました。でも、褒められたり認めてもらえたりすると、頑張ってよかったと達成感で苦労は吹き飛びました。
厳しい言葉も不思議と前向きに捉えることができて、自分でもびっくりしているんです。
 いつもの私だったらいちいち落ち込んでしまうところがあるので、師匠の言葉選びが優れているのとやっぱりすごく楽しかったんだと思います。書くのも考えるのも楽しくて、もっとやりたいと思うことばかりでした。

≫代筆屋によるライフコーチングのお問合せはコチラまで

(Aさん/女性)

 中島さんへ、感謝とお礼を一言伝えたくて、手紙を書きます。 全12課題の添削を、どうもありがとうございました。 どの課題も刺激的で、今まで眠っていた脳が覚醒したようでした。 中島さんの添削は、「ほめ上手」ですね。 「いいですね○」 「この文章、好きです。」 「ぐっときました。」 課題に取り組むまで、まとまった文章を書く余裕など到底ない、と思っていました。
 家と保育園と会社の三角形を、猛烈スピードで移動する毎日だから、書いたところで単調な内容になるだろう、と決め込んでいたのです。 ところが始めてみると、面白いネタがあります、あります。その大半は、子供達が提供してくれました。 常時課題はさながら育児日記みたいだったと思います。
 断続的にではありますが、日記をつけて約25年経ちます。もはや提出する宛もないですが、この先も続けていこうと思います。 好きだから、という単純な理由で書き続けた日記は、十年後、二十年後…と時が経つと、自分が生きた日常の足跡となるでしょう。 名も無い個人のささやかな毎日の歴史を、これからも紡いでいきたいと思います。 三か月間、どうもありがとうございました。


≫代筆屋によるライフコーチングのお問合せはコチラまで