NEWS

ALL NEWS

2016/09/20 NEW
文章を削るときのポイント
2016/08/18
企業のキャッチコピーや商品・サービスのストーリー作り。
2016/07/30
文章は技術やないんやで。大切なのは書く人の文章対する熱量。

代筆屋の私は、一通の手紙で想いを届け、
手紙に救われ、人生を変えてきました。

 はじめまして、代筆屋の中島と申します。
19歳のとき、ロサンゼルスから送った一通の手紙が私の人生を変えました。
内容は想いを込めたラブレター。
拙い手紙でしたが、1人の女性の心を動かし、結果、僕の人生を変えることになりました。
 仕事を始めてから大きな失敗をして、お客様へ謝罪の手紙を書きました。
お客様から届いた温かい手紙を忘れられません。
私は、手紙で想いを届け、手紙に救われました。
 だけど、文章を書くのは難しくて、とても、とても悩みました。
もし、あのとき、代筆屋さんがいてくれたら。
そんな想いと、小説「代筆屋」との出会いから始まったのが、私、代筆屋です。

告白のラブレター、復縁の手紙、謝罪文、
心を動かす魔法の文章を作りたい・・・。

 「どんな人の心も動かせる魔法の文章さえあれば」
文章で悩んでいる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。
驚かれるかもしれませんが、代筆屋の答えは、「そんな文章は存在しない」です。
 文章は、読む人によって姿を変えます。
技術を意識して上手く書けたとしても、読む人の心を動かせなければ意味がありません。
心を動かす魔法の文章というのは、読む相手に応じて姿を変える文章です。

プロの代筆屋、心を動かす魔法の文章を書く
心・技・体を兼ね備えています。

 言葉だけを覚えても、知識だけで人の心を動かすことはできません。
思い遣り(心)、文章技術力(技)、文章構成力(体)の3つが必要です。
私は1000人以上の悩みを聞き、心を動かす魔法の文章を見つけました。
さらに、文章作成の専門家である行政書士資格を合わせ持つプロの代筆屋です。
「想いを形にしたい」「読む人の心を動かす魔法の文章を作ってほしい」
心を動かす魔法の文章を考案するプロの代筆屋が全力で応えます。