NEWS

どこかの代筆屋に依頼されたという相談者の方から受け取った代筆文のチェックを依頼される代筆屋

「代筆屋に依頼したけど、どうも納得がいかない」

 

ということで、どこかの代筆屋に依頼されたという相談者の方から受け取った代筆文のチェックを依頼されました。

 

じつは、こういう案件がけっこうあります。

 

 

他所の代筆屋がどんな文章を書いていようが私個人的にはまったく関係の無いことですが、

 

その文章で依頼者の方を幸せにするどころか、もし被害を被っているなら、ちょっと許せないというのはありました。

 

また、どんなもんだろうと、一物書きとしての興味はありました。

 

 

今回、代筆文を読んで、愕然としました。

 

内容は著作権の関係があるのでさすがに公開できません、

 

というか、とても公開できるレベルではないです。。。

 

中学生か小学生の高学年ぐらいの子が書いたような稚拙な文章、(小中学生の子供たち、ごめんなさい)

 

あたかもテンプレートに当てはめたような紋切り型の表現、

 

依頼者の方にお伝えしたその手紙の最も致命的な問題点はこちらです。

 ↓↓

続きはコチラをクリックしてブログ記事でご覧ください。

2022.11.25

怒りの原因は自分にある。

パートナーの言葉に苛立った時、

 

自分の心が苛立っていることを知りましょう。

 

いつもは腹が立たないのに、なぜ今日は腹が立つのか?

 

⇒この記事の続きはコチラをクリック

2022.11.16

心を動かす文章を書いて人生を変える代筆屋になりたい人へ

 

 

代筆屋 (幻冬舎文庫)
Amazon(アマゾン)
1〜2,012円

 

 

私、代筆屋という物書きになってはや15年になります。

 

よく言われるのが

 

「代筆屋なんかでどうやって食ってるんですか?」

 

 

最初から代筆屋で食えてたのかって?

 

いえいえ、当時は、思い出したくもないぐらい、大変でした。

 

とにかく仕事がない、仕事もできない、どうやって生きていけばいいのか、

 

毎日悩んでました。

 

 

借金こそなかったものの、仕事はないわ、貯金は800円しかないし、

 

途方に暮れるとはまさにこのことで。

 

 

お金はないが時間はある当時の私は、

 

本屋さんで立ち読みでもしようと、

 

地元の本屋さんを訪れたんです。

 

 

なんとなく訪れた本屋さん、

 

あれが、まさか人生を変えるきっかけになるなんて、

 

思いもしませんでしたよ。

 

 

本屋に入った私はある一冊の本に目を留めました。

 

ビジネス書や自己啓発関連の本を中心に読んでいた私が普段なら手にすることもないような、

 

ポストと傘とジョーロとバケツと猫が描かれた白い優しい本。

 

まるで導かれるようにその本を手に取りました。

 

 

『代筆屋』とタイトルに書かれた黒い文字を触ってみるとゴツゴツと立体感があるんですね。

 

その手触りは今でもよく覚えています。

 

代筆屋の横に赤い文字で「辻仁成」と書かれていて、

 

ああ、この本を書いた作者の方なんだろうとなんとなく思ってました。

 

 

外は寒かったのか暑かったのかまるで覚えていません。

 

季節も何もかも感じられなくなるほど追いつめられていたからかもしれません。

 

 

タイトルのゴツゴツとした手触りや

 

本を手に取った時の重みははっきりと覚えてるから不思議ですね。

 

 

立ったままページを開き本書を読み進めながら、

 

この本は代筆屋という方が過去の思い出をエッセイとして書いたものだと錯覚していました。

 

それほど辻仁成さんの文体にリアリティを感じました。

 

温もりのある文体に、自然な物語に、時間を忘れて没頭している自分がいました。

 

 

温かい何かが頬を伝った時に、自分は泣いてるんだと気づきました。

 

文章を読んで涙したのは初めてでした。

 

たかが文字だと思っていた当時の私は、文字に心を動かされたことに強いショックを受けたんです。

 

 

何もない自分にも文章なら書けるんじゃないか、

 

素直にそう思ったんです。

 

昔から文章を書くことは好きで、高校時代は毎日毎日詩を書いていました。

 

思い出したのかもしれません。

 

 

ああ、そうだ、、、

 

⇒この話の続きはコチラのブログ記事で読めます。

2022.11.07

依頼者からのメールに思わず・・・

ボタンの掛け違いから夫婦関係がこじれてしまったあるご夫婦がいました。

旦那さんから離婚調停の前に奥様へ手紙を書きたいというご依頼です。

相談内容に旦那さんの想いが溢れていて、依頼を引き受けることにしました。

代筆原案を納品してすぐにこうしたメールを頂きました。

 

 

『代筆原案拝見いたしました。・・・

 

⇒この記事の続きはこちらからどうぞ。

2022.10.20

『目的と手段を間違えないこと』

たくさん本を読み毎日文章を書いてると、

もっとこう格好良く書きたい欲求に駆られることがあります。

私はこんな書き方を知ってるんだから、

この書き方を読み手に見せつけてやろうと、

これはどうだ、こんなの知らないだろうと、

気づいたら文章を書く目的を忘れて、

書き方という手段に没頭してる自分がいたりします。

 

ここで初心に立ち返って、

文章を書く目的とは何か?

 

⇒この記事の続きはこちらからどうぞ。

2022.10.17

お客様の声を更新しました。

⇒お客様の声

2022.10.13

夫婦関係が上手くいく秘訣は逆恋愛のススメ

『夫婦関係が上手くいく秘訣は逆恋愛のススメ』

 

私事で恐縮なんですが、今年で結婚10年目なんです。

当時カフェを経営してた奥さんのことを友人を通して知りました。

出会った次の日もカフェに、その次の日も、そのまた次の日も、

1週間連続でそのカフェに通いました。

 

「近くに、仕事のついでで寄ったんです。」

なんて本当はカフェの近くでの仕事なんて無かったんですよ。

ただただ会いたくて出会いから1週間ぐらい連続で彼女がいるカフェに通いました。

 

出会いから2週間足らずで付き合うことになり、

付き合うことになった3日後の初めてのデートで僕はプロポーズすんです。

 

「はい」

と言ってくれた彼女の恥ずかしそうな顔を今でもよく覚えています

入籍し同棲して結婚生活を始めたのは

出会いからまだ3か月というかなりのスピード結婚だと思います。

 

今だから話せますが、、、

 

⇒この記事の続きはコチラから

2022.09.13

ようやく妻が死んでくれた

ようやく妻が死んでくれた

 

昨日、このタイトルに強烈に惹かれて思わず動画をクリックしました。

 

⇒この記事の続きはこちらから

2022.09.13

文章を稼ぐ力に変える

文章は書けるんだけど、

文章をお金に変えることができない。

 

ここで大半の人が挫折するんですね。

 

なんで文章を書くことができるのに稼げないのかというと

 

文章の技術と稼ぐ力は全く関係ないからです。

 

たとえばサッカーという競技に野球選手が挑むくらい違うんです。

 

 

 

文章の技術を高めればいつかきっと稼ぐことができるようになる。

 

こんな風に考えてる人はかなり危険で、やがてにっちもさっちもいかない現実を突き付けられることになります。

 

もちろん、「いや、自分は書くのが好きだから、稼げなくても、書き続けたいんだ」

 

こういう人は、、、

 

⇒記事の続きはこちらをクリック

2022.09.13

代筆屋作家養成講座~出版は人生を変える~企画のアンケートに答えてくれませんか?

『代筆屋作家養成講座』
~出版は人生を変える~

心を動かす文章術を身に付けて、
世界に一冊のあなただけの本を出版し、
ビジネスも人生も加速させるための特別講座を企画しています。
物書きとして15年の実績ある心を動かす文章術のプロ代筆屋であり
101冊の本を出版する作家でもある代筆屋作家ナカジから
心を動かす魔法の文章術を身に付け、本の書き方や出版の仕方を学び
代筆屋作家という肩書で、心を動かす文章術と本を起点に、
代筆屋作家として副業、起業しよう、
また、心を動かす文章術と本を武器に
現在行っている営業やビジネス、人生をも加速させよう、という企画です。
最終的に心を動かす魔法の文章術を学び、
代筆屋としての知識や技術の獲得はもちろん、
講者全員に紙媒体の本を一冊出版してもらう予定です。

そこで・・・

⇒この記事の続きはこちらから無料で読むことができます。

2022.08.01