NEWS

息子の担任である若い男性教諭を好きになってしまった母親は・・・

私代筆屋のもとには小説では描けないほど生々しい依頼が舞い込んできます。

事実は小説より奇なりとはよく言ったものです。

昔、息子の担任を好きになってしまったお母さんからの相談がありました。

(※プライバシー保護の観点から詳しくは書けないことをご理解ください。)

依頼者であるお母さんは結婚して旦那さんもいますから、

この恋が成就すれば不倫が成立してしまいます。

私は代筆屋として、不倫を手助けする手紙を書いていいものか、悩みました。

だけど、依頼者の女性の真摯な想いから、

相手を好きな気持ちが本物だということは伝わってきて、依頼を引き受けることにしました。

考案に向かうたびに、息子さんや旦那さんのことを想うと複雑な気持ちになりました。

家族を壊すかもしれない心を動かす手紙を書くことになる。

しかし依頼を受けた以上私はプロの代筆屋だと自分を言い聞かせ・・・

⇒この記事の続きはこちらからどうぞ。

2020.10.23

『復縁したい病』

病に陥るとそのことばかり考えて余計に病を悪化させてしまう人がいます。

たとえば癌になると癌の話ばかりして、癌が悪化してしまうことってあるそうです。

癌の特効薬は癌のことを忘れて健康的な食事とストレスなく笑って暮らすことだそうです。

⇒復縁ブログで復縁するための最新情報を手に入れてください。

2020.10.22

復縁できる魔法の言葉があります。その黄金比率は・・・

心を動かすポイントがあって、

 

しかも今日この瞬間から使える書き方があります。

 

それは、、、、

 

ひらがな、です。

 

 

 

ひらがなというのは子供のころ初めて習う日本語ですよね。

 

子供の書く手紙は拙い表現も多いけれどなぜか人の心を動かしますよね。

 

なんでだろう?と考えていた時期があります。

 

こんな当たり前のことになぜ気づけなかったんだと今では思うのですが、

 

 

ひらがなで書かれているということだったんです。

 

 

ひらがなは文字自体が曲線で柔らかく

読む人に優しい印象を与えますよね。

 

文字の形そのものが人の心を動かす条件を備えています。

 

 

無条件で人の心を動かせる文字をなぜもっと使わなかったのか、

 

そんな風に悔しくなったことがありました。

 

 

本書でも書いてるように、私が考える柔らかい文章を書くための魔法の黄金比率は・・・

 

⇒この記事の続きは心を動かす代筆屋ブログへ

 

2020.10.20

復縁の鉄則をブログで初公開します。

物事には順序があって、一定の鉄則があります。

水は高きから低きへ流れる鉄則がわかっているから

水を飲みたいときは蛇口の下にコップや、ペットボトルの下に口を持っていきますよね。

鉄則を知らなければ水はじゃじゃ漏れで一向に飲めません。

当たり前のことなんですけど、この順序や鉄則がわからない限り、

どうやっても復縁はできません。

復縁の鉄則とは何か?

縁というのは、物理的な距離が縮まって心の距離が縮まり繋がるわけですけど、

繋がった後の問題は心の距離なんですね。

だから今現在、たとえば別居したりして物理的距離が離れていたとしても

じつは物理的距離が離れているってそれほど問題ではないんです。

心の距離さえ離れていなければ大丈夫。

たとえ近くにいても心の距離が離れてしまっているのは問題です。

この心の距離を縮めることが復縁において最も重要です。

復縁したい人ほど

「帰ってきて」「一緒に暮らしたい」と物理的距離を縮めようとします。

これをやればやるほど心の距離は離れていくって、なんとなくわかりますよね。

復縁の鉄則は、、、

⇒この記事の続きはブログで

2020.10.15

たとえ「別れてほしい」と言われても。復縁のプロ代筆屋が復縁の本質に迫る

私代筆屋中島泰成の元ヘはなぜか復縁に関するご相談がひっきりなしにやってきます。

復縁、復縁、復縁、復縁、復縁、復縁、
復縁、復縁、復縁、復縁、復縁、
復縁、復縁、復縁、復縁、
復縁、復縁、復縁、
復縁、復縁、
復縁、



世の中にこれほど復縁したい人がいるとは想像もしていませんでした。


この記事では、前向きな復縁と後ろ向きな復縁についてお話します。

読み終えたら、復縁というものの本質がわかるようになると思います。




人間というのは得られるよりも、失うくを味わいたくないものです。

+の喜びより

-の恐怖


勝ると言えます。


既にあったものを失うというは本当に怖いですよね。

ずっと貧しい人は貧しさになれているけれど、

一度でも裕福な暮らしを知った人は貧しさを耐えられないものです。


復縁に関していえば、長い時間をかけて築いた関係ほど復縁したい想いが強くなるのは当然です。



私が復縁の依頼を受けて心がけていることは一つです。

 

⇒続きはこちら復縁のプロ代筆屋のブログ記事から無料購読できます。

2020.10.13

私のもとに帰ってきてよ!

どれだけ叫んだところであなたのことを嫌いになった相手は帰ってきません。

叫べば叫ぶほど、相手はあなたから逃げたくなる、それが人間の性です。



じゃあどうすれば復縁できるのか?

ヒントはもとの関係に戻る復縁をあきらめて、

新しい○○関係を築くことです。



復縁とはやり直すことがすべてではないですから。



復縁のプロ代筆屋 中島泰成



復縁できる本と噂になってます。

 

⇒『別れてほしい、と言われたら・・・』

2020.10.11

「別れてほしい」と言われたらあなたはどうしますか?

復縁の難しさは、興味のある相手に商品・サービスを売るのではなく、

相手はあなたのことを嫌いになって出ていったから

顧客が嫌いになった商品・サービスを売るほど難しいことはありません。



嫌いな相手を好きにさせる、まさに心を動かす文章の根幹を試されているようです。

私が復縁に力を入れる理由は依頼が多いこともありますが、

私自身、心を動かす文章を考案するプロとしても最も試される案件だからです。



嫌いな人を振り向かせることができれば、

どんな案件でも心を動かすことはできます。



復縁できない理由でしたね。

それは、この本に書いてます。

⇒『「別れてほしい」と言われたら・・・。』

2020.10.11

不倫がバレて怒り狂って出ていった奥さんを取り戻したい人へ

まず、自分は最低で人間の屑だということを認めてください。

 

認められない人は復縁は難しいし、というか復縁する資格がありません。

 

認めたうえでの改善策ならご提示できます。

 

⇒続きはこちらからブログ記事を読んでみてください。

2020.09.22

お客様の声を更新しました。

⇒お客様の声はこちら

2020.09.03

なぜあなたの文章は読む人の心を動かせないのか?心を動かすプロの代筆屋が教えます。

某なんとか出版ではないのですが、

「心を動かす」を根本的に間違えてる人がたくさんいます。



手紙やメールやブログやメルマガを見ていて感じるのは

テクニックに頼る書き方をしてる人が多すぎるということです。



こんな風に見せれば、人の興味や関心を引いて、心を動かすことができる、と。

心を動かす文章というのは、自分をどう見せるかではありません。

自分以外の人が何を想い、何を考え、何を抱え、

どうしたいか、どうなっていきたいか、

何を探しているのか、

心を動かすには、徹底して相手へ寄り添うこと、

その上で相手の想いを形にしてあげることです。

書き手の想いなんて読み手にとってはどうでもいいことです。

いくら書き手のメリットを上手く綺麗に書いたところで、

ただの芸術作品ですから、心を動かして行動に移すには至らないわけです。

街中を見渡してみても、そういうコピー増えてませんか?

「上手い、だけど、だから、何?」みたいな。



手紙やメールは上手くなくていいんです・・・

 

⇒この記事の続きは代筆屋の公式ブログで公開中

2020.08.17