NEWS

【復縁したい男女必読!】なぜ女性は仕事よりもお金よりも家族との時間を大切にしてほしいのか?

「そんなことより、家族との時間を大切にしてほしかった」

 

奥さんが言う、そんなことというのは、仕事の事です。

 

夫は「そんなことって、家族のために必死になって働いてきたんじゃないか!」

 

と憤ることでしょう。

 

女性側はそんなこと、

男性側は家族のために時間を犠牲にして取り組んだ仕事

これではいつまでたっても話は平行線なわけです。

 

 

なぜ女性は仕事よりも、お金よりも

家族との時間を大切にしようとするのか。

 

考えたことがありますか?

 

いくつか理由はあります。

 

一つ目は

生活が安定しているから、

感謝が薄れている。

自分が働かなくてもある程度生活が安定してることも理由の一つです。

なぜなら夫側から一切の生活費が支払わなければ、

たいていの家庭は困窮します。

給食費が払えない子供が7人に1人と言われる日本の貧困状況を考えると、

普通に生活できているだけでかなり恵まれているんです。

でも、毎月お給料が入ってくる状況があれば、

最初はどんなに感謝してる人でも慣れてきます。

慣れと言うのはそれが当たり前になり、少なからず感謝は薄れます。

 

二つ目は・・・

 

⇒この記事の続きはこちら(読者限定の無料購読記事)

2021.11.30

夫(妻)に腹が立つのは、相手に期待してるから

関連記事として、以前アメーバトピックスに選ばれた記事はこちら

なぜあれほど好きだった相手にあそこまで腹が立つのか?夫婦円満、復縁の秘訣

 

 

喧嘩の原因ってたいていは、

相手が自分の期待に沿った行動をしてくれないからなんですね。

 

食事を作ってあげている

服を洗濯してあげている

部屋を掃除してあげている

 

あげているって思ってません?

 

その考えでいるうちは、

相手に腹を立てて喧嘩することは今後も避けられないでしょう。

 

なぜか?

 

あげている、ということは

 

相手に期待してるから

 

相手に見返りを求めているから

 

「これだけしてあげてるんだから、

あなたもこれだけのことはしてくれて当たり前」

 

 

ですよね。

 

みんながみんな感謝してくれる人だったらいいんですけど、

相手によっては、いやいやそんなこと言われても

わからないし、そもそも期待してない、

としたら?・・・

 

⇒この記事の続きはこちらから

2021.11.27

好きなことを仕事にしたい人に伝えたいことがあります。

2021年の代筆屋養成講座の申し込み期限は11月30日まで。

来年以降はさらに人数を限定して値上げする予定です。

ご興味のある方はこの機会にぜひ受講ください。

 

 

こんにちは、代筆屋の中島です。

 

いま87冊目の本を書いています。

書くことが好きとはいえ、

これだけ書いていると

もう好きだけでは乗り越えられない苦悩がやってきます。

 

なぜこんなに苦しいことをしてるんだろうと

自問自答することもあります。

 

本を100冊出版するというのは、

冷静に考えるとどうかしてると

自分でも感じることがあります。

 

一冊書くだけでも頭の先からつま先まで

極度の疲労で動かせなくなることもあります。

書いても書いても終わりが見えません。

 

なぜこんな馬鹿げた目標を打ち立てたのかと

自分を恨みながらも、誇らしくも思い、複雑な心境です。

 

ただ、目の前に現れた壁が高いほどに、

登り切った時の喜びが大きいことも知っています。

 

そして、先が見えないとしても

一冊書くたびに確実に前に進み、

ゴールに近づいているんです。

 

「好きなことを仕事にしたい」

という夢や目標を口にする人がよくいます。

 

そんなとき、いつも思い出すのは・・・

 

⇒記事の続きはこちらからどうぞ。

2021.11.27

11月30日本年度受講生募集の最終申し込み期限迫る

プロの代筆屋から心を動かす文章術を学ぶ最後のチャンスかも。

⇒文章コーチング

⇒代筆屋養成講座

2021.11.04

80冊出版記念 kindle99円セール開始(期間限定)

⇒電子書籍のダウンロードはこちらから

※出版社による書籍や一部商品はセール対象外です。

2021.10.18

2021年代筆屋養成オンラインスクール後期生募集開始

⇒代筆屋養成オンラインスクールの詳細はこちら

2021.10.14

代筆屋の協会?

協会ビジネスの本質と裏側に迫ります。

⇒ブログ記事はこちら

2021.10.14

77冊の本を書いてます。

馬鹿みたいに本書いてますので

よかったら一度読んでみてください。

⇒代筆屋中島泰成のアマゾン著書ページ

2021.10.10

代筆屋になりたい

⇒代筆やブログはこちら

2021.09.09

46冊目『「別れてほしい」と言われたら・・・。2』出版開始

「別れてほしい」と言われたら2
~復縁の手紙を考案するプロの代筆屋による復縁できる魔法の思考術~

第1章 なぜ夫婦は破綻するのか?

・記憶の改ざんを防ぐデータ思考整理術

・男女、年齢、環境の格差

・出産前後に彼女は母になる

第2章 心が動くメカニズム

・相手が好きになってくれたときを思い出す

・見た目から中身へそして見た目へ

・駆け引き上手は術に溺れる

第3章 心を動かし復縁できる魔法の言葉

・復縁という魔法の言葉は扱いが困難

・復縁とは縁を復活させるのではない

・復縁すべきか復縁すべきでないのか


私は復縁の代筆屋という文章を考案して読む人の心を動かすプロの代筆屋だ。

『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』はベストセラーになり、なぜかマスコミに取り上げられテレビや新聞雑誌にも掲載されるようになった。

この本は前著『「別れてほしい」と言われたら』のシリーズ2作目の本となる。

前著もありがたいことにベストセラーとなり、前著で書ききれなかった復縁するための思考術について本にまとめておこうと思った。

物書きをはじめてはや15年、何人もの復縁の相談者を見てきて、復縁するためには思考を変えなくてはいけないということがわかった。

プロの代筆屋として復縁するために必要な魔法の思考をお伝えしよう思う。

本書が復縁に悩む男女を救う一助となれば幸いだ。

 

⇒書籍のダウンロードはこちらから

2021.06.24