NEWS

人生を変える文章コーチング

代筆屋を始めて15年以上が経って、

心を動かす文章術をわかりやすく言語化できないかと、

ずーっとあたためてきたものがようやく形になってきました。


僕と同じように、想いを上手く形にできなくて

悩んだり悔しい思いをしてる、

そんな人生の悩みを抱えている方はぜひ受講して、

人生を変えるきっかけになって欲しいなと思ってます。

 

受講まではできなくても、

共感できるよって人は応援して欲しいです。

 

不慣れなLP作りでしたけど、

想いの根底にあるものを言語化できるよう、

一生懸命作ったので、

ぜひ一度読んでみて来てください。

↓↓

人生を変える文章コーチング

2024.05.28

プロの代筆屋による年収1000万円稼ぐプロの代筆屋養成講座はじまる。

 

30歳手前で貯金800円のどん底から月収800万円稼げるようになれたのは、

 

小説『代筆屋』に書かれた心を動かす魔法のような文章との出会いでした。

 

文章の力に心を動かされた僕はどん底の状態から代筆屋になる誓いをしました。

 

翌日には代筆屋とだけ書かれたサイトを立ち上げ゛心を動かす魔法のような文章゛を求めて書き続けました。

 

 奇跡が起きたのは半年が過ぎた頃、復縁を求める女性からの依頼でした。

 

物書きとして未熟だった当時の私は、心を動かす言葉を懸命に探しました。

 

何度も書き直した末に、依頼者が前を向いて歩いて行ける言葉を書こうと思いました。

 

依頼者からの感謝の言葉と涙に僕はこの仕事で゛書いて、生きる゛決意を固めました。

 

 家族の理解や周囲の助けやマスコミの影響や書き続けた甲斐もあって、僕は代筆屋として生計を立てられるようになり、

『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』の著者となり、プロの代筆屋としてお金と時間の自由を手にしました。

 

 僕が実現したかった゛書いて、生きる゛を誰かの実現したい゛書いて、生きる゛に役立てたくなったんです。

 

゛書いて、生きる゛夢を持つ人たちのためにできることをずっと探してたどり着いたのが゛書いて、生きる゛ための代筆屋養成講座です。

 

「20年後のあなたは、やったことよりも、

やらなかったことによって失望しているだろう」

マーク・トウェイン(小説家)

 

⇒詳細はこちら

2024.05.14

代筆屋中島泰成ストーリーを公開中

代筆屋中島泰成ストーリー

1.僕の名前は中島泰成

2.「平均年収1000万以上」

3.仕事のない日々

4.地獄から天国から地獄

5.あんたはダサい

6.死と向き合うマサイの戦士との出会い

7.自殺も考えるほどお金のない日々を救った奇跡

8.出版が人生を変えてくれた

9.プロの代筆屋として1

10.プロの代筆屋として2

2024.04.26

復縁できる人、復縁できない人

 

早いもので復縁の代筆屋を15年やってきました。

沢山の依頼を受ける中で、

復縁できる人と復縁できない人にどんな違いがあるのかなと私なりに感じたことがあります。



復縁できる人は復縁しようとしていない人で、

復縁できない人は復縁しようとしていた人でした。


「??」


と思われるのも仕方ありません。

私が言ってることは矛盾してるように感じるからです。


多くの人は復縁したくて私の元にやってきます。

「なんとか復縁したくて、どうにか復縁する方法はありませんか?」



復縁しようとすると復縁できないと書いたのは、

復縁という言葉には強い魔力があり、

惑わされ復縁の本質を見誤る危険があるということです。



復縁とは、、、

 

⇒記事全文はこちらから無料で読めます。

2024.04.18

インドで見た新しい自分の可能性。

久しぶりに空から見た景色は綺麗だったなぁ。

純粋で混ざり気がない恐ろしいまでに自然な美しさ。

 

インド行ってきました。

時差ボケがようやく薄れてきつつあります。
インドと日本は3時間半という微妙な時差なんですね。
その関係でどうしても朝起きるのが遅くなってしまいます。

同じように子育てをする親御さんから、
子供ってすごい、子供はすぐに成長する、
という言葉と同じくらい
私ら大人は退化するばかり、そんな言葉を耳にします。

私はそうは思わないんです。
息子が今サッカーに夢中で、私も息子と一緒にサッカーの練習をしています。
私はサッカーなんてやったこともありません。
最初は3回しかできなかったリフティングでしたが、
彼と練習をしている内に30回近くできるようになりました。
ドリブルもボールの蹴り方もパスの精度も、練習すればするほど上手くなっているのを感じています。
時折、息子に「なんで44のおっさんやのにそんなにできるねん。意味わからんわ」
と呆れられています。


私と同じ世代の多くの大人は子供は上手くなっても大人はもう上手くならないと諦めているでしょう。
私は・・・

 

⇒この記事の全文はこちらから無料で読めます。

2024.04.16

復縁したいという割に・・・

 

復縁する覚悟の無い方が多いように思います。

 

復縁って成功しても失敗しても人生を変えるほど大きなターニングポイントにいる。

 

復縁を願うなら、、、

 

⇒この記事の続きはこちらから

2024.02.29

代筆屋の書籍99円セール開始。

kindle99円セール開始 101冊の書籍を99円でお試しください
(一部対象外) キンドルアンリミテッド会員の方は無料で購読可能です。
↓↓

amazon.co.jp/-/e/B079WS4FYG

2024.02.28

感情移入ビジネス

AIは人類を駆逐する!?

 


思ったより、確定申告が苦痛じゃなくて、
ある意味予想外の出来事に戸惑っています。

打ち込み作業は右脳ではなく左脳を使うため、
普段右脳ばっかり使ってる僕にとっては良い気分転換になっていることと、
思い出したことは去年からCSVでの取り込み機能を活用したこと
帳簿付けを第三者に依頼してたことを完全に忘れてました。
(そんなことあり得ないと思うでしょ、あり得るのが中島なんです。)

ようはやよいの青色申告に金融機関やクレジットカードや帳簿のCSVデータを取り込んで、
後は多少修正して申告書データに反映すればそれで終わりだったんですね。

じつは超アナログ人間の私(ペイペイも最近まで使ったことなかったので)は
まだ数年前まで数字を一つ一つ打ち込んでたんですね。
エクセル使い始めたのも5年ぐらい前のことです。

以前に比べたら遥かに確定申告が楽になってたんですね。
一年に一回の事なのですっかり忘れてました。

こうした単純な打ち込み作業に関してはデジタル時代万歳です。
一年目の最初の設定や慣れるまでは手で書くより大変かもしれませんが・・・)
大手企業はともかく、個人事業主や小さな一人会社のような形態であれば、
確かに税理士さんや会計士さんは不要な時代になってきたと言えますね。

以前も書きましたが、税理士さん含めて士業の方は、
生き残るのが大変な時代になってきたなと10年以上前から感じていました。
事務作業は基本的にAIに任せた方が速くて正確、に関しては反論はないでしょう。

後はプログラミングやデザインや動画編集といった分野でもAIは恐ろしい進化をしていて、
この辺りを今から学習するのはお勧めできません。(勝てる気がしない)

もうご存じの方も多いと思うんですけど、
このニュース見てもらったら僕の言ってることがよくわかると思います。

⇒SORA(AIが創る仮想現実の世界)


じゃあ人間は何をするのかと言うと・・・

⇒この記事の続きはこちら

2024.02.28

問い合わせフォームのバグ修正について。

以下の問い合わせフォームにバグが生じていたことが先日発覚しました。
相談者の方々に大変ご迷惑をおかけしました。

現在問題なく復旧しております。
またお気軽にご相談ご質問等よろしくお願いいたします。

お問合せ

 

 

2024.01.31

2024代筆屋の講座の受講生を募集します。

⇒2024代筆屋養成講座開始

⇒2024文章コーチング講座開始

2024.01.26