NEWS

営業の手紙やセールスレターの極意。

最近、営業マンからの営業の手紙の依頼や

企業さんからのセールスレターの依頼があります。



何らかの商品・サービスがあり、

相手にその商品・サービスの良さを知ってもらいたい。

そのために手紙を書く。

とふつうは思われがちです。

これが大きな間違い。



営業の手紙で失敗するケースの多くは、

商品・サービスの良さを訴えかけようとするから失敗します。



なぜか?


≫この記事の続きを読みたい方はコチラから。

2016.12.20

2016年最後の受講生募集。若干名。本気の方のみお待ちしています。

代筆屋によるコーチングの問合せが多く、悩んでいました。

正直、代筆業が忙しくて、コーチングに手が回らなくて。



だけど、「どうしてもやってみたい!」

という熱い声を聞くと、

胸が熱くなり、情熱が疼きました。

そう、やらなくてはいけない。

2016年度、最後の受講生募集いたします。


本屋で小説「代筆屋」に出会い、
手紙を書くプロの代筆屋になった。
テレビ、新聞、雑誌に掲載され、
ついには、
『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』は
電子書籍ベストセラー、紙の書籍化としても出版された。
そんな、プロの代筆屋によるコーチングを受けてみませんか?


自宅で、カフェで、ホテルで、公園で、
好きなときに好きな場所で仕事をする。
明日からでも海外に行ける。
自由に仕事する。自由に生きる。
憧れていたライフスタイルを、現実にしませんか?


募集人数は若干名です。
本当に、本当の、本気の方のみお願いします。
業務上、無理だと判断する人数に達した時点で、打ち切ります。


書いて飯を食えるプロの代筆屋になりたい人へ。
http://www.daihituya.com/purpose
/

2016.12.18

家族への手紙を書いていて思ったこと。

家族に向けた手紙の依頼をされる人は結構います。

喧嘩別れした父親へ、

生き別れた母親へ、

相続でもめた兄弟姉妹へ、



当事者、というのは感情移入しすぎるためもめやすい。

まして関係の近い家族なら、もめても仕方ないのかもしれません。



僕が家族へ書く手紙で、心がけていることは、

『思い出してもらうこと』




家族の絆はなぜ友人や恋人や同僚より深いのか?

血でしょうか。

僕はそうは思いません。

≫この記事の続きが気になる方はコチラからどうぞ。

2016.12.17

代筆屋初の全額返金保証はじめました。

どう考えても、依頼者と代筆屋との関係性がフェアじゃないなと。

でも、踏み切れなかったのは、

そこまでの自信と覚悟がなかったから。



何千件の相談を受け、

心を動かす文章を考案する自信はつきました。

同時に、文章を書いて生きていく覚悟もできました。


ということで↓↓


『代筆屋初の全額返金保証はじめました。』
依頼して文章が気に入らなければ返せる!?
詳しくは代筆屋ホームページまで。

2016.12.15

怒り数値をゼロにする謝罪文の書き方

企業さんが顧客様に出したいと相談に来られるケースと

個人さんで企業の社長さんに出したいと相談に来られるケースがある。



どちらにしろ、謝罪する必要があるというのは、

依頼者さんが「誰かを不快にさせることをしてしまった。」

からだろう。



不快にさせる行為もいろいろあると思う。

たとえば、

飲食店でお客さんに水ぶっかけてしまった。

美容院で髪を切り過ぎてしまった

服屋さんで売った服が破れていた。

まぁ、商売してれば、色々ありますよね。

≫この記事の続きが読みたい方はコチラからブログへ。

2016.12.14

家族のために自分を犠牲にして必死になって働くことは離婚に繋がる。

「家族のために自分を犠牲にして必死になって働いてきたのに・・・」

復縁の手紙を依頼される男性に共通することば。

「家族のために」を否定するつもりはありません。

「自分を犠牲にして」よく頑張りましたね、と声をかけることはできます。

ただ、だから、奥さんは出て行った。



お金は生活するために、ほぼ確実に必要なものです。

自給自足でもなければ、ほとんどすべてに必要です。

「毎月、給料をきちんと持って帰る旦那さんに、

不満のある奥さんなんていないでしょう」


と、男性のほとんどの人は考える。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.12.12

復縁の手紙でよりを戻せるかどうかを決めるのは・・・。

ある復縁の手紙を書いていて、

依頼者が電話越しでこう言いました。

「手紙を受け取る相手は私とはタイプがちがう」



例えば、手紙を出すあなたは、

感情に訴えかける文体に心を動かされる。

としましょう。

けれど、相手もそうでしょうか?

≫この記事の続きを読みたい?

2016.12.10

目上、年配の方へ手紙を書く最低限のルール。

僕は、基本的に手紙の形式にはこだわらず、

自由奔放に文章を書くことをお勧めしています。



でも、年上の人に手紙を書くとき。

特に、かなり目上というか、年配の方に手紙を書くときは、

最低限のルールを守ったほうが、

手紙に書かれた文章を読んでもらいやすくなります。



郷に入れるなら郷に従え、と言う、

若干やっつけなことわざがあるとすれば、

相手の心を動かしやすい環境づくりは必要ですよと。


≫この記事の続きが気になる方はコチラから。

2016.12.06

別れた妻へ復縁の手紙≠別れた夫へ復縁の手紙

男と女で落としどころはチ・ガ・ウ。

復縁の手紙を多く書いている仕事柄、

男性からの依頼、女性からの依頼、

ともにあるわけです。



男性の依頼者は女性へ帰ってきてほしい手紙。

女性の依頼者は男性へ帰ってきてほしい手紙。



受取る相手の性別は案件によって違うため、

男性と女性、それぞれの心を動かすポイントを掴む必要があります。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.12.03

魔法のように文章を変える方法

リズムの重要性。

小説を書くとき、

代筆文を書くとき、

ブログを書くとき、

書くとき、僕はリズムを重視します。



書いているときに聴いている音楽は、

文体に大きな影響を与えます。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.11.29