NEWS

老いと介護と相続と、家族への手紙。

今月のAERAは読み応えがありました。

メインは、老いと介護と相続と。

今の親と子供の関係や問題を、

取材を通して見えてきた実例を踏まえて

書かれていたので、読みやすく共感というか、恐怖を感じながら読めました。

≫この記事の続きはコチラから。

2017.01.17

『代筆屋の手紙』プロの代筆屋による完全書下ろし小説出版。


コチラ↑↑をAmazon販売サイトに表示させたい。

でも、表紙の変更には、

なぜか、かなり時間がかかるようで、

現時点ではAmazon販売サイトでは、

コレが↓↓表示されています。




「来年は小説を出版する!」

去年立てた今年の目標で宣言してますので、

もう、告知しないといけないなということで。

『代筆屋の手紙:プロの代筆屋による完全書下ろし小説』

告知を開始いたします。

2017.01.03

代筆屋の手紙、成功率80%超。

ここ最近、代筆の手紙による成功率が桁外れに上がっています。

復縁、仲直り、セールスレター

ほぼすべての案件において、

目的を達成された方が8割ぐらいになっています。

ここ最近だけで言えば、代筆屋の手紙、成功率80%超。

我がことながら、これは驚異的な数字、と言えるでしょう。

≫この記事の続きを読みたい方はコチラまで。

2016.12.23

遺産分割のお願いをするための心を動かす手紙の書き方

手紙の種類は無限です。

告白、謝罪、復縁、感謝、懇願、

依頼者のありとあらゆる想いを文章に書けるのが手紙のメリットです。



そんな中でも、相続に関する問題で悩んでいる家族は多いんですね。

「うちは大丈夫、だと思うけど・・・」

こういう家庭は大抵もめます。

確信をもって

「大丈夫!」

と言っていてもわからないのに、

最初から不安要素のある家庭は、ほぼ高確率でもめます。



はっきり言いましょうか。

相続は100%もめる!

そう思ってちょうどいいぐらいです。


≫この記事の続きが読みたい方はコチラから。

2016.12.21

クリスマスに添える、世界に一つだけの手紙

街中を歩いていると、

見上げるほど大きな緑のもみの木。

赤と白の長靴や黄金色の装飾が施された

色鮮やかなクリスマスツリーが目に飛び込んできます。



マライア・キャリーの

恋人たちのクリスマス

All I Want for Christmas Is You

を聞くと、若かりし頃の山口智子さんと木村拓哉さんを思い出すあなたは、

僕と同じ30代か、少し上の40代~50代のはず(笑)


いつもより賑わうデパートには

クリスマスプレゼントを選ぶ、

ぎこちない男性の姿。

微笑ましい光景を目に、

自らの過去を重ね思わず目を細めていました。


≫この記事の続きを読みたい方はコチラまで。

2016.12.20

営業の手紙やセールスレターの極意。

最近、営業マンからの営業の手紙の依頼や

企業さんからのセールスレターの依頼があります。



何らかの商品・サービスがあり、

相手にその商品・サービスの良さを知ってもらいたい。

そのために手紙を書く。

とふつうは思われがちです。

これが大きな間違い。



営業の手紙で失敗するケースの多くは、

商品・サービスの良さを訴えかけようとするから失敗します。



なぜか?


≫この記事の続きを読みたい方はコチラから。

2016.12.20

2016年最後の受講生募集。若干名。本気の方のみお待ちしています。

代筆屋によるコーチングの問合せが多く、悩んでいました。

正直、代筆業が忙しくて、コーチングに手が回らなくて。



だけど、「どうしてもやってみたい!」

という熱い声を聞くと、

胸が熱くなり、情熱が疼きました。

そう、やらなくてはいけない。

2016年度、最後の受講生募集いたします。


本屋で小説「代筆屋」に出会い、
手紙を書くプロの代筆屋になった。
テレビ、新聞、雑誌に掲載され、
ついには、
『プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術』は
電子書籍ベストセラー、紙の書籍化としても出版された。
そんな、プロの代筆屋によるコーチングを受けてみませんか?


自宅で、カフェで、ホテルで、公園で、
好きなときに好きな場所で仕事をする。
明日からでも海外に行ける。
自由に仕事する。自由に生きる。
憧れていたライフスタイルを、現実にしませんか?


募集人数は若干名です。
本当に、本当の、本気の方のみお願いします。
業務上、無理だと判断する人数に達した時点で、打ち切ります。


書いて飯を食えるプロの代筆屋になりたい人へ。
http://www.daihituya.com/purpose
/

2016.12.18

家族への手紙を書いていて思ったこと。

家族に向けた手紙の依頼をされる人は結構います。

喧嘩別れした父親へ、

生き別れた母親へ、

相続でもめた兄弟姉妹へ、



当事者、というのは感情移入しすぎるためもめやすい。

まして関係の近い家族なら、もめても仕方ないのかもしれません。



僕が家族へ書く手紙で、心がけていることは、

『思い出してもらうこと』




家族の絆はなぜ友人や恋人や同僚より深いのか?

血でしょうか。

僕はそうは思いません。

≫この記事の続きが気になる方はコチラからどうぞ。

2016.12.17

代筆屋初の全額返金保証はじめました。

どう考えても、依頼者と代筆屋との関係性がフェアじゃないなと。

でも、踏み切れなかったのは、

そこまでの自信と覚悟がなかったから。



何千件の相談を受け、

心を動かす文章を考案する自信はつきました。

同時に、文章を書いて生きていく覚悟もできました。


ということで↓↓


『代筆屋初の全額返金保証はじめました。』
依頼して文章が気に入らなければ返せる!?
詳しくは代筆屋ホームページまで。

2016.12.15

怒り数値をゼロにする謝罪文の書き方

企業さんが顧客様に出したいと相談に来られるケースと

個人さんで企業の社長さんに出したいと相談に来られるケースがある。



どちらにしろ、謝罪する必要があるというのは、

依頼者さんが「誰かを不快にさせることをしてしまった。」

からだろう。



不快にさせる行為もいろいろあると思う。

たとえば、

飲食店でお客さんに水ぶっかけてしまった。

美容院で髪を切り過ぎてしまった

服屋さんで売った服が破れていた。

まぁ、商売してれば、色々ありますよね。

≫この記事の続きが読みたい方はコチラからブログへ。

2016.12.14