NEWS

家族のために自分を犠牲にして必死になって働くことは離婚に繋がる。

「家族のために自分を犠牲にして必死になって働いてきたのに・・・」

復縁の手紙を依頼される男性に共通することば。

「家族のために」を否定するつもりはありません。

「自分を犠牲にして」よく頑張りましたね、と声をかけることはできます。

ただ、だから、奥さんは出て行った。



お金は生活するために、ほぼ確実に必要なものです。

自給自足でもなければ、ほとんどすべてに必要です。

「毎月、給料をきちんと持って帰る旦那さんに、

不満のある奥さんなんていないでしょう」


と、男性のほとんどの人は考える。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.12.12

復縁の手紙でよりを戻せるかどうかを決めるのは・・・。

ある復縁の手紙を書いていて、

依頼者が電話越しでこう言いました。

「手紙を受け取る相手は私とはタイプがちがう」



例えば、手紙を出すあなたは、

感情に訴えかける文体に心を動かされる。

としましょう。

けれど、相手もそうでしょうか?

≫この記事の続きを読みたい?

2016.12.10

目上、年配の方へ手紙を書く最低限のルール。

僕は、基本的に手紙の形式にはこだわらず、

自由奔放に文章を書くことをお勧めしています。



でも、年上の人に手紙を書くとき。

特に、かなり目上というか、年配の方に手紙を書くときは、

最低限のルールを守ったほうが、

手紙に書かれた文章を読んでもらいやすくなります。



郷に入れるなら郷に従え、と言う、

若干やっつけなことわざがあるとすれば、

相手の心を動かしやすい環境づくりは必要ですよと。


≫この記事の続きが気になる方はコチラから。

2016.12.06

別れた妻へ復縁の手紙≠別れた夫へ復縁の手紙

男と女で落としどころはチ・ガ・ウ。

復縁の手紙を多く書いている仕事柄、

男性からの依頼、女性からの依頼、

ともにあるわけです。



男性の依頼者は女性へ帰ってきてほしい手紙。

女性の依頼者は男性へ帰ってきてほしい手紙。



受取る相手の性別は案件によって違うため、

男性と女性、それぞれの心を動かすポイントを掴む必要があります。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.12.03

魔法のように文章を変える方法

リズムの重要性。

小説を書くとき、

代筆文を書くとき、

ブログを書くとき、

書くとき、僕はリズムを重視します。



書いているときに聴いている音楽は、

文体に大きな影響を与えます。


≫この記事の続きはコチラから。

2016.11.29

なぜ、人は浮気をするのか?

性別が違うからこそ抱く永遠のテーマ。

人の心理を考えてみると、

一つは、相手に満たされていないという疎外感。

つまり、寂しいからだ。



自分の夫や妻がいるにもかかわらず、

よく知りもしない赤の他人の誰かと、

人生を棒に振る危険を冒してまで、

それでも、逢瀬を重ねる。

≫この記事の続きはコチラから。

2016.11.27

代筆屋に依頼の多い復縁の手紙。

「別れたあの人とよりを戻したい・・・」

復縁したいという依頼は、代筆屋の手紙の中でも最も多い案件です。



覚えておいてほしいのは、

男性の多くは「復縁したい」と思っていることです。

もちろん、別れた理由があまりにも酷い場合など、

例外はあります。



で、復縁するために必要なことは何かわかりますか?

相手を思い遣ることです。

「んなこたぁ、わかってるよ!」

ほんとに?

≫続きはコチラのブログ記事へ

2016.11.22

浮気、不倫に効く手紙

「愛してるよ」

「わたしも」

偶然見てしまったパートナーの携帯メッセージに、

幸せだと思っていた家族の絆は、

砂でつくったお城のようにさらさらと崩れ出す。

≫この記事の続きはコチラから。

2016.11.17

心を動かす魔法の文章を書きたい人へ。

今日改めて思ったこと。

伝えるって大事で、

難しくて、

シンプルで、

答えのない、

ゴールのない、

彷徨える途方もない

それが書くこと。

≫この記事の続きはコチラまで。

2016.11.10

書けないときの対処法。

体調の良い日、体調の悪い日。

昨日いいことがあった、昨日悪いことがあった。

書く気のある日。

書く気のない日。

がある。

だって、人間だもん。(あいださん、すいません)



でね、そんなとき僕はどうするかというと、


≫この記事の続きはコチラから。

2016.10.16