NEWS

売上を爆発的に増やす広告を書く大事なポイント

心を動かす魔法の代筆屋として、

キャッチコピーやセールスレターを考案することも多いです。



主に事業をされてる方や、企業さんからの依頼です。

商品・サービスをお客様に知ってもらいたい。

という想いから考案を依頼されるわけですが・・・。

ここで質問です。

「どんな文章を書いたら顧客の反応が増えると思いますか?」



結論から言うと、

↓ ↓ ↓

この記事の続きはこちら。

2018.02.16

ハッピーバレンタイン

in starbucks

息子を保育園に送った後、

車をお気に入りのカフェに向かい走らせていた。

人の流れが駅から溢れてくる。

側道にあるレンガ色の建物の陰に、足を止めた制服姿の女の子の姿が見えた。

女の子は落ち着かない様子で駅の方へ何度も視線を投げかけていた。



スマートフォンに触れたとき、

映し出された2.14の数字に、はっ、とした。

そうか、あの子は、待っているんだ。

世界中の女の子が、大切な人を待っている。

息が止まりそうなほど胸が高鳴る、世界一長い時間の中で。

↓ ↓ ↓

この記事の続きはこちらのブログまで。

2018.02.14

亡くなった人からの手紙

「亡くなった人の言葉をこの世に残された人へ繋げる手紙を書いて欲しい。」

すぐには理解できないような依頼内容でした。

今から3,4年前のことです。

依頼者の女性は電話越しにこう告げました。



※以下プライバシーの関係もあるため内容は脚色しています。
↓↓

学校の先生をしていたある女性がいました。

しかし、若くしてご病気で亡くなられました



学校側は残されたご家族に、

「亡くなったご本人の言葉を子供たちに伝えたい」

という難しいお願いをしてきたそうです。

残されたご家族の女性はどう書いていいかわからず、

文章の考案のできる人間を探していたとのことでした。

↓ ↓ ↓

この話の続きはこちらまで。

2018.02.08

50歳からのラブレター

50年、半世紀という長い時間の中で、

ただの一度も、

女性に触れたことのない男性がいた。



「疲れてない?お仕事ご苦労さま」



上着をはぎ取られ、緊張した心はふっと軽くなった。

優しい言葉と手慣れた仕草に男は溺れた。



初めての相手だった。

女からすれば、いつもの仕事、だったのだろう。



男は愛を、女は金を、

二人は正反対の思いを抱き、

丸いベッドの上で交わった。

↓ ↓ ↓

この話の続きはこちらから。

2018.02.08

代筆屋認定コーチングを受けて認定代筆屋になりませんか?

認定代筆屋について詳しくはこちらからどうぞ。

2018.02.01

「助けて欲しい」30代女性から切実な復縁の手紙

数年前のことです、

「助けて欲しい」

相談者は幼い子供を抱えた30代女性

数年前離婚した夫と復縁を希望されていました。



「電話やメールを送ってはいるが一向に返事がありません

何とか子供の誕生日に会うことができないでしょうか?」



電話だけの相談でしたので、手紙の考案にはかなりの時間を要しました。

また、女性が抱えていた悩みは、それだけではなかったからです。

↓ ↓ ↓

女性が抱えていた悩みとは?

2018.01.31

書いて生きていきたい人へ。

書いて生きていきたい人へ。

あまりにも代筆屋のコーチングに関するご質問が多いので、

プロの代筆屋によるコーチングのページをもう少しわかりやすく書き換えてみました。

また、代筆屋として活動しやすいように

プロの代筆屋による認定制度を導入することにしました。
↓ ↓ ↓
≫書いて生きていきたい人へ。

2018.01.29

心を動かされたお客様の声を更新しました。

心を動かされたお客様の声を読んでみたい方へ
↓↓↓
http://www.daihituya.com/voice/

2018.01.25

企業さんや事業をされてる方にお願いです。

企業の商品・サービスを売り出したり、

企業のキャッチコピーや

社長さんや従業員さんのプロフィールを考案したり、

セールスレターを添削や考案したり


単なる文章を心を動かす文章に変えたい

というご相談はたくさんあります。



ときどき、私を経営コンサルタントだと

間違って依頼される企業さんがおられます。

はい、私は経営コンサルタントではありません。


≫この記事の続きはブログをご覧ください。

2018.01.19

人の心を動かすということ。

たまには仕事の話を。

私が依頼者と直接会うことはほとんどない。

多くが電話、メールを通してのやり取りになる。

ここ最近は特にメールが多い。

私にとってというより、

依頼者にとって直接会うのは精神的負担が大きい。



まして復縁に悩んでいる人は

信頼していた人間を失ったばかりだ。

彼ら彼女らの心はナイフで切り裂かれたように傷ついている。

赤の他人に事の経緯や自らの感情を曝け出すというのは、

通常の精神状態でも難しい。

だから、それがいかに難しいかは、よく、わかる。



メールのみによる相談や依頼の場合、

私は依頼者からのメールに書かれた文章だけが頼りになる。


≫この記事の続きはコチラをクリックしてください。

2018.01.18